シジュウム専門店 タイトル画像 シジュウム茶 画像
シジュウム葉 画像シジュウムは、USA、EUにて「アトピー・アレルギー疾患緩和剤」として国際特許を取得しています。 
シジュウム製品 シジュウム書籍 シジュウム新聞記事 シジュウムって何 シジュウム臨床例 防ダニ布団カバー
ご利用ガイド | お問い合わせ | サイトマップ | シジュウム専門店トップ
 
厚生労働省から研究資金が搬出され開発された<南米産天然シジュウム葉>配合の製品です。
花粉症のお茶 
シジュウム茶
アトピークリーム  画像 
 アトピークリーム 
   シジュウム専門店・お客様の声  
 
  シジュウムの香りを吸い込むと鼻炎の症状が楽になりました。
  鼻づまりがひどく鼻の奥が腫れてる感じでしたが、教えて頂いたようにシジュウム茶の香りを鼻から吸い込むようにしたところ症状がとても楽になりました。今春初めて花粉症になりましたが、漢方薬のような お茶に出会えて本当によかったです。出先だとお茶が飲めない時もあるので、粒シジュウムも試してみようと思います。
   OSクリームSを使用して1週間・・・腕や首、背中が本当にきれいに! 
  アトピー歴30年以上になります。今までいろいろなクリームを試してきましたが、こんなに塗り心地のいい
クリームは初めてです。塗るとひんやりして痒みが治まり、ベタ付き感もないのでとても爽やかです。
使用して1週間になりますが、腕や首、背中が本当にきれいになってきました。
仕事にも集中できるようになり紹介してくれた友人に感謝しています。 
   →お客様の声のページへ
   厚生労働省の花粉症に対する民間療法の調査結果
シジュウム茶で40%の患者に効果あり
 
 
花粉症対策
 花粉症のお茶 
 花粉症のお茶
 花粉症サプリメント
 花粉症サプリメント
 花粉症鼻炎スプレー 
 花粉症鼻スプレー
アトピー・花粉症にお勧めの除菌・消臭スプレー  
 花粉対策スプレー
花粉対策スプレー  
花粉対策スプレー 
 アトピークリーム  画像
 アトピークリーム
 シジュウムクリーム・モイスト 画像
 アトピークリーム
 アトピークリーム 画像
アトピークリーム 
 アトピークローム 
 アトピークリーム
 アトピースキンローション 画像
 アトピーローション
アトピーソープ 画像
 アトピー石鹸
 免疫力を高めるサプリメント
βグルカンで免疫力アップ

 
2018年 春の花粉飛散予測(第4報)2018年2月15日発表 日本気象協会発表
~花粉シーズンスタート!神奈川や西日本の一部でスギ花粉の飛散開始~ 

1.2018年シーズンの飛散開始時期

1月後半から2月上旬にかけて、冬型の気圧配置となる日が多く、1月下旬には数年に一度の強い寒気が流れ込み、全国的に記録的な低温になりました。また日本海側では日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)による大雪に見舞われました。1月22日には本州南岸を通過した低気圧の影響で、西日本から東日本の太平洋側で大雪になったところがありました。2月上旬にも再び強い寒気が流れ込み、西日本で気温が平年を大幅に下回り、北陸地方では数十年ぶりの大雪となりました。
この影響で、多くの地点では花粉の飛散開始が遅れています。しかし、神奈川県など関東の一部では大雪の翌日にあたる1月23日と24日に南寄りの風が強かったため、「飛散開始」が確認されました。西日本などでも飛散開始となったところがあり、花粉シーズンがスタートしています。そのほかの地点でも、「飛散開始」の定義に当てはまらないもののわずかな飛散が確認されています。 今週は東日本や西日本で日によって気温差があるものの、平年並みか高くなる日もあるため、まだ飛散開始となっていない西日本や東日本の地点でも、花粉の飛散が始まるところがあるでしょう。2月下旬から3月にかけては東日本や西日本では平年並みか高くなる予想のため、北陸でも飛散開始となる見込みです。 一方、北日本では3月上旬にかけて平年並みか平年より低い見込みですが、2月下旬には東北南部で、3月上旬には東北北部でも花粉の飛散が始まる予想です。3月中旬から4月は平年並みか高くなるため、北海道の飛散開始は例年通り4月下旬になる見込みです。

2.2018年シーズンの花粉飛散傾向

2018年春の花粉飛散予測は、東北から近畿、四国地方までの広い範囲で、前シーズンの飛散量を上回る見込みです。東北から中国、四国地方にかけて、前シーズン比で「非常に多い」飛散量の都道府県があり、注意が必要です。一方、例年比でみると、東北と東海地方ではやや多く、特に青森県では現地調査の結果から、青森市内で雄花の着花量が多いこともあり、「非常に多い」予想としています。関東甲信、近畿、九州地方では例年並みとなるでしょう。北海道、北陸、中国、四国地方では例年を下回る見込みです。

地方 飛散量
(地方平均値%)
2017年
夏の気象
例年比 前シーズン比
北海道 少ない
(60%)
少ない
(50%)
気温:平年並
降水量:多い
日照時間:平年並
東北 例年並
(100%)
多い
(190%)
気温:平年並
降水量:多い
日照時間:平年並
関東
甲信
例年並
(100%)
多い
(150%)
気温:高い
降水量:少ない
日照時間:平年並
北陸 やや少ない
(70%)
やや多い
(130%)
気温:平年並
降水量:かなり多い
日照時間:多い
東海 やや多い
(110%)
やや多い
(120%)
気温:高い
降水量:少ない
日照時間:多い
近畿 例年並
(90%)
やや多い
(110%)
気温:高い
降水量:平年並
日照時間:多い
中国 やや少ない
(80%)
前シーズン並
(90%)
気温:高い
降水量:平年並
日照時間:多い
四国 やや少ない
(80%)
多い
(150%)
気温:高い
降水量:平年並
日照時間:多い
九州 例年並
(100%)
やや少ない
(70%)
気温:高い
降水量:少ない
日照時間:多い
※花粉の種類について
北海道はシラカバ、その他はスギ・ヒノキ花粉の飛散量を表します。

3.各地のピーク予測

スギ花粉のピークは、福岡では2月下旬から3月上旬、高松・広島・大阪・名古屋では3月上旬から中旬でしょう。金沢と仙台では3月中旬から下旬にピークを迎える見込みです。東京のピークは3月上旬から4月上旬となり、多く飛ぶ期間が長いでしょう。
スギ花粉のピークが終わる頃になると、ヒノキ花粉のピークが始まります。福岡では3月下旬から4月上旬、広島では4月上旬、高松・大阪・名古屋・東京では4月上旬から中旬の見込みです。金沢と仙台は4月を中心にヒノキ花粉が飛散しますが、飛散量は他地点と比べると少ないため、はっきりとしたピークはないでしょう。
スギ・ヒノキ花粉の飛散量がピークになる時期は、花粉シーズン中の気温や予想される総飛散量と関係があると考えられます。東日本や西日本では、2月下旬から3月にかけて気温が平年並みか高くなる予想です。北日本では、3月上旬まで平年並みか平年より低い見込みですが、3月中旬から4月は平年並みか高くなるでしょう。ピーク時期を早めるほどではないため、スギ・ヒノキ花粉それぞれのピーク時期は例年並みの見込みです。

4.2018年シーズンの飛散開始時期


2018年春のスギ花粉の飛散開始は、例年並みとなるでしょう。2月上旬に九州や中国、四国、東海、関東地方の一部から花粉シーズンが始まる見込みです。
この先1月下旬から2月は、北日本では平年並みか平年より高く、東日本と西日本は平年並みの気温となるでしょう。この時期の気温が平年より高いとスギ花粉の飛散開始は早まる傾向となりますが2018年春のスギ花粉の飛散開始は全国的に大きく早まることはなく、おおむね例年並みとなる見込みです。
ただし、スギ花粉は飛散開始日※と認められる前から、わずかな量が飛び始めます。2月上旬に飛散開始が予測される地域では、1月のうちから花粉対策を始めるとよいでしょう。

※飛散開始日:1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を2日連続して観測した場合の最初の日

5.日本気象協会の花粉飛散予測とは

日本気象協会は1990年からスギ花粉の飛散予測を発表しています。日本気象協会の花粉飛散予測は、前シーズンの花粉飛散結果や今後の気温予測などの気象データをもとに、全国各地の花粉研究会や協力機関からの情報、花芽の現地調査の結果などをふまえて予測しています。 花粉の元となる植物の育成には、前年夏(6月~8月)の気象条件が大きく影響します。気温が高く、日照時間が多く、雨の少ない夏は花芽が多く形成され、翌春の花粉の飛散数が多くなるといわれています。花芽は夏の早い段階で育つため、日本気象協会の花粉飛散予測では6月と7月の気象条件を特に重視して予測を発表しています。 日本気象協会の花芽調査では、スギやヒノキなどの植物に詳しい「植物のプロ」の協力のもとで、その土地の気候や地形を知る「気象のプロ」による定点観測を重視しています。

例年の花粉飛散時期
 1月   2月   3月   4月   5月    6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ハンノキ
スギ ブタクサ・オオブタクサ
ヒノキ・サワラ ヨモギ
コナラ・クヌギ カナムグラ
イチョウ セイタカアキノキリン
スズメノテッポウ
カモガヤ
オオアワガエリ
ヒメガマ・ガマ
イネ
    スギ・ヒノキ全国花粉飛散マップーお住まいの花粉飛散時期がわかります。    
 
 花粉症予防対策について 
1日の花粉数が30個を超えると花粉症の症状が悪化することが知られています。シーズンの花粉数が1000個の場合、30個以上飛散する日数は平均で11日前後ですが、2000個では22日に、4000個では34日にもなります。 なお、花粉のばく露を避けるための基本的な対策には、以下のものが挙げられます。  

<花粉のばく露を避けるための基本的な対策>

・マスク、メガネを着用する。特にマスク内側に当てガーゼを付け、鼻口部分に枕ガーゼを当てると効果が高い。
・換気時にはレースのカーテン等で遮るとともに、開窓を10cm程度にとどめる。
・掃除はこまめに行い、掃除機の使用だけでなく、濡れ雑巾やモップによる清掃を行う。
・洗濯物は屋内に干す。
・衣類の素材は羊毛や毛織物は避け、ポリエステルや綿製品で起毛のないものを着用する。



  花粉症の原因植物

もっとも有名なスギ花粉の他にも花粉症の原因になる花植物は多くあります。
飛ぶ季節が異なりますので要注意です。

  樹木では、
 スギ

花粉症の最大の原因物質。日本の林業に欠かせない樹木で、戦後に大量に植林されました。
秋田杉や、吉野杉も植物学上は、同品種。2~4月にかけて猛威をふるいます。

 ヒノキ  日本特有の常緑針葉樹。3~5月が花粉のシーズンで、植林面積がスギを上回るところもあり ます。
 ネズ  花粉の季節は、ヒノキと同じ3~5月。ヒノキの一種で、飛散時期が微妙に異なる。
 ケヤキ  都市の街路樹などによく見られる食物だが、4~5月に花粉の量が多く、症例も多い。
 テウチグルミ  4~5月ごろ、動物のシッポのような長い花房から大量の花粉を出す。クルミ科の植物。
 シラカバ  近年、北海道では花粉症の原因物質として注目を浴びている。シーズンは、4月ごろ。
 ハンノキ  飛散期間が1~3月とかなり早いのが特徴。全国の広範囲に分布し、花粉の飛散量も多い。
 本数自体は、少ないものの、わさび田などを日陰にするために植林されていることが多い。

    草では、

 イネ      真夏に花粉を飛ばすが、花粉の粒子が大きいため、遠くまで飛んでいかず被害が少ない。
 カモガヤ  イネ科の花粉症の主要犯。明治初期、牧草として日本に入ってきた帰化植物のひとつ。
オオアワガエリ  カモガヤと同じく明治初期に入ってきた。寒冷地に雑草として全国に広く分布している。
 ブタクサ  日本の3大花粉症のひとつ。8~10月に花粉を飛散させる。大群落を形成することもある。
 ヨモギ  秋口の原因は、ブタクサとヨモギで、この2種は飛散時期も重なる。全国に分布している。
 サイタカアキノ
 キンリンソウ
 日本に帰化した食物の中でも特に繁殖力が高く、10~11月がシーズンの原因物質。
 カナムグラ  ツル科の植物で他の植物に強く巻き付く。雌株と雄株があるが、花粉は秋の雄株から発生。
 ヘメスイバ  タデ科ギシギシ属。5~7月に花粉を飛ばす多年草で、日当たりのよいところに育つ。
 ヒメガマ  飛散シーズンは7~8月の夏。円柱状の花穂から、大量の花粉を飛散させる植物。
 
 ページの上に
 花粉症対策  
 花粉症のお茶 画像  花粉症のサプリメント 画像  花粉症用鼻炎スプレー  画像
 シジュウム茶  サプリメン 鼻炎用アロマ18 
 
「花粉症原因物質cryj1 不活性化試験」   
花粉対策スプレー
花粉を不活化してアレルギー症状を防ぎます。
花粉症原因物質を1分間で撃退!   
花粉対策スプレー 
 
PM2.5などを含むハウスダスト対策! 静電気でホコリや花粉が吸着することを防止! 
 防ダニ布団カバー テイジン ミクロガード
 
 厚生労働省から研究資金が搬出され開発された<南米産天然シジュウム葉>配合の製品です。
アトピー性皮膚炎や喘息・花粉症でお悩みの方にお勧め シジュウム製品
花粉症の方にお勧め シジュウム葉100% シジュウム葉抽出エキス配合
シジュウム アトピーの茶 画像 粒シジュウム アトピーサプリメント シジュウム アロマ18 画像 シジュウム アトピー入浴剤 画像
OSクリーム3種 
アトピー保湿クリーム 画像 アトピークリーム ホワイト画像
シジュウム アトピーローション 画像 シジュウム アトピーソープ 画像
シジュウム茶 粒シジュウム 鼻スプレー シジュウム入浴用 クリームS・M ホワイトクリーム OSローション OSスキンソープ
シジュウム製品 シジュウム書籍 シジュウム新聞記事 シジュウムって何 シジュウム臨床例 防ダニ布団カバー
アトピー花粉症の為のシジュウム専門店
Copyright (C) 2009 シジュウム専門店 All Rights Reserved.