ホーム シジュウム製品 シジュウムって何 介護の除菌・消臭スプレー 防ダニ布団カバー ベータグルカン
 免疫力を高める自然食品β1.3-1.6グルカン
免疫力を高めるサプリメント イムニィSF
ソフィーβグルカン
研究開発者
βグルカンって何
イムニィSF製品
βグルカンの新聞記事
お問い合わせ
ベータ1.3-1.5グルカン 免疫力を向上させるサプリメント  ベータ1.3-1.6グルカン
「イムニィSF」には、最近たいへん注目されている
βグルカンを豊富に含んでいます。
 
本品15g/袋中のβ1.3-1.6グルカン含有 70mg (財)食品環境検査協会成績

  高知大学との共同研究で、効果が明らかにされ学会で報告されています。 
高知大学と土佐市と県内民間企業の産学官連携によるβ-グルカン
に関する共同臨床試験を実施しています
 
 
がん治療の最新情報
     β1.3-1.6グルカンを動画でご紹介
  健康な人でも毎日3000個〜5000個のがん細胞が、           
  人の身体にはできているといわれます。
  それを、免疫力の働きでガン細胞を殺しているのです。
    しかし、
  免疫力の働きが低下するとがんへの攻撃力が落ちて、
  がん細胞が増殖していきます。
  老化とともに免疫力は衰えていきますので、高齢になると
  がんになるリスクが高まるわけです。 
  また、ストレスや過労、有害物質、薬の常用などさまざま
  な要因で免疫力が低下します。
   免疫力とは、
  疫=病気を免れる力という意味です。
  生き物すべてに備わっている自己治癒能力なのです。
 
     がん光治療 転移に効果 
     がん細胞を免疫の攻撃から守っている仕組みを壊し、がんを治す動物実験に成功したと、小林久隆・米国立衛生研究所(NIH)主任研究員らの研究チームが17日付の米医学誌サイエンス・トランスレーショナル・メディシンに発表した。1カ所のがんを治療すれば、遠くに転移したがんも消える効果があることが確認され、チームは全身のがんを容易に治療できる可能性がある。3年程度で治験(臨床試験)を始めたい」と話す。 
   

 がんが生体で増殖し続けるのは、がんの周りに「制御性T細胞」という細胞が集まり、異物を攻撃する免疫細胞の活動にブレーキをかけて守っているためだ。

 チームは、制御性T細胞に結びつく性質を持つ「抗体」に、特定の波長の近赤外光を当てると化学反応を起こす化学物質を付け、肺がん、大腸がん、甲状腺がんをそれぞれ発症させた計70匹のマウスに注射。体外から近赤外光を当てた結果、約1日で全てのマウスでがんが消えた。光を当てた約10分後には制御性T細胞が大幅に減り、免疫細胞「リンパ球」のブレーキが外れて、がんへの攻撃が始まったためとみられる。

 さらに、1匹のマウスに同じ種類のがんを同時に4カ所で発症させ、そのうち1カ所に光を当てたところ、全てのがんが消えた。光を当てた場所でがんへの攻撃力を得たリンパ球が血液に乗って全身を巡り、がんを壊したと考えられる。

 生体内の免疫機能が活発になると、自らの組織や臓器を攻撃する「自己免疫反応」が起きて障害が出る恐れがある。肺がんなどの治療に使われる免疫の仕組みを利用した最新のがん治療薬では、自己免疫反応による副作用が報告されている。研究チームが、異なる種類のがんを発症させたマウスで実験した結果、光を当てたがんだけが小さくなり、臓器にも異常はなかった。今回の方法は、光を当てた場所のがんを攻撃するリンパ球のブレーキだけが外れ、他の組織や臓器は攻撃しないことが確認された。

 小林さんは「転移があっても効果的に治療できる方法になると期待できる」と話す。【永山悦子】

 【ことば】制御性T細胞

 生体内に侵入したウイルスなどの異物を排除する、免疫反応を調整する細胞。免疫が働き過ぎないように抑える役割を担っている。この細胞が機能しないと、自らの細胞や組織を異物とみなして攻撃する関節リウマチや1型糖尿病などを発症する。坂口志文・大阪大特任教授が発見し、ノーベル賞の登竜門とされるガードナー国際賞などを受賞している。

    2016年8月18日毎日新聞