ご利用ガイド | お問い合わせ | サイトマップ | シジュウム専門店トップ
糖尿病のサプリメント驚きの効果   血糖値160から86の正常値に! 血液検査結果 
日本大学薬学部で開発された糖尿病のサプリメント!
 
日本薬学部の北中進教授により2型糖尿病に対する研究の中から桃の花の作用として小型脂肪細胞を増やし、肥満の原因
である大型脂肪細胞を減らし脂肪燃焼効果を高めるという作用が確認されました。この小型脂肪細胞(善玉脂肪細胞)を増 
やすことでインスリン作用を高め代謝を促します。これによりエネルギーが消費されダイエット効果にもつながります。 

(2型糖尿病) 
インスリンの出る量が少なくなって起こるものと、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなる(インスリンの働きが悪い)ために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こるものがある。食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多い。中高年に多く日本人の糖尿病の95%以上はこのタイプです。
(1型糖尿病)
膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊され、からだの中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こる。子供のうちに始まることが多く、以前は小児糖尿病とか、インスリン依存型糖尿病と呼ばれていた。
 糖尿病のサプリメントを毎日飲んで血糖値が160から86に下がった。
2012年6月血糖値160、体重80キロ  2013年1月血糖値86、
体重62キロ
 濱田時子さん49歳 血液検査結果
 クリックすると拡大します。 糖尿病のサプリメントを飲んだ後の血液検査
血液検査結果拡大

INDEX 
白桃花の糖尿病に関する研究
糖尿病のサプリメント 桃の花スリム
糖尿病のサプリメント ご購入
日本生薬学会発表
糖尿病改善の3大主要成分
糖尿病の基礎知識
糖尿病の最新情報

 
 白桃花の研究と生物活性について
 (日本薬学部 北中進)
白桃花の成分について  糖尿病のサプリメント 白桃花配合

モモはバラ科の植物で、中国北西部のこうが上流地帯を原産とする、高さ5m以上に達する落葉高木である。葉は互生し皮針形で有毛であり、花は白色から桃紅色の5弁花で初春開花する。種子を乾燥させたものを生薬名で桃仁といい、開花期の花及び蕾を乾燥させたものを白桃花という。白桃花は利尿、緩下、血行改善作用があることが知られており、民間では水腫、便秘に用いられている。最近の研究では、血行改善効果は脂肪細胞から分泌されるplasminiogen activator inhibitor-1(PAI-1)の産生抑制作用によるものであり、prunasinic acid,neorprunasinic acidが活性成分の一つであることが報告されている。

白桃花の化学成分としてはkaempferol,naringeninなどのフラボノイド、trifolinなどのフラボノイド配糖体、coumarinなどのクマリン類などが報告されている。本研究では、白桃花の80%EtOH活性を指標に前駆脂肪細胞の分化促進が認められたことから、分化の指標であるGPDH活性を指標に活性成分の探索を行った。

白桃花を80%EtOHで抽出し、これを常法によりn-hexane,EtOAc,n-BuOHで順次分配抽出した。活性が認められたEtOAc層について,各種黒的グラフィーを用いて繰り返し分離、精製を行ったところ、既知化合物であるいくつかの成分を各種スペクトルデータの解析により同定した。 

桃の花は白桃花と呼ばれ生薬としても利用されています。作用には利尿作用、むくみの解消、便通改善、さらに女性ホルモンの 活性化などがあります。
     糖尿病のサプリメントに含まれる3大成分  
 
 桃の花  
糖尿病のサプリメントに含まれる白桃花エキス  
桃の花の成分としてフラボノイド、フラボノイド配糖体、クマリン類などが含まれています。
肥満の原因である大型脂肪細胞を減らし脂肪燃焼効果を高める作用が日本生薬学会で発表されています。その他に血栓防止作用、むくみの解消、便通改善などがあります。
 桃の花の作用
 
マリアアザミ    
糖尿病のサプリメントに含まれるマリアアザミエキス  
 マリアアザミはキク科の植物で、その種子はヨーロッパにおいては2000年以上前から健康のために利用されてきました。活性成分は3種のフラボノリグナンの混合物で、これをシリマリンと呼んでいます。最近それらの成分にダイエットに良い効果があることが分かりました。
 マリヤアザミの作用
 
 ロゼア    
糖尿病のサプリメントに含まれるロゼアの花エキス  
ロゼアはシベリア山岳高知という厳しい環境の中に生えている植物です。ロシアでは宇宙飛行士にも用いられており、持続的な運動をサポートする作用があります。中国では紅景天と呼ばれ、高山を登るとき等のサプリメントとして用いられます。ロゼアにはロビン類というこの植物のみに含まれる成分が特徴的です。 
ロゼアの作用
桃の花は「白桃花」と呼ばれ生薬として 利用されています。
< しっかり実感できるこの配合量 >
 白桃花エキス 300mg
 マリアアザミエキス 180mg
 ロゼアエキス 150mg
 (1日6粒あたり)
糖尿病サプリメント 画像 
直径8mmと小粒で飲みやすい錠剤 

 <期待される改善効果>
 Ⅱ型糖尿病改善作用、ダイエット作用、
 むくみ改善、便通改善、胆・肝機能改善
 痴呆予防、脳内血流改善、運動能力向上
 利尿作用、女性ホルモンの活性化、疲労
 回復など


 生活習慣病(12項目+糖尿病検査キット
  生活習慣病(12項目)+糖尿病検査キット【決済:代金引換不可】【キャンセル・返品不可】【これこれ倶楽部】

糖尿病サプリメント 8ケ月で血糖値160から68の正常値に改善!

朝食と夕食後に3~4粒お召し上がりください。
(1日6~8粒)


<原材料名>
桃の花エキスマリアアザミエキス、ショウガ末、ロディオラロゼアエキス、テキストリン、大豆ペプチド、乳酸菌、結晶セルロース、シクロテキストリン、ステアリン酸Ca,微粒二酸化ケイ素、V.C、安定剤(グアーガム)、V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B1、V.B2、V.B6、V.A、葉酸V.D3、V.B12 

<栄養成分>6粒(0.8g)あたり
エネルギー4.7kcal、タンパク質0.11g、脂質0.09g
炭水化物0.87g、ナトリウム1.32mg


糖尿病のサプリメント

品名:   糖尿病 サプリメント
内容量:1箱 180粒入り
30日分
通常価格 7,344円(税込) 
12%割引 6,426円(税込) 
賞味期限:2019年3月 
 


 ソリューション画像
 カード手数料無料
  
代引手数料サービス!
送料は、全国一律500円
商品代金9,000円以上送料サービス
お支払い方法
ページの上に 



 
糖尿病のサプリメント 日本生薬学会の発表 
 
第二節 白桃花の生物活性について 
1、GPDH活性試験について
白桃花より単離した化合物45-50のGPDH活性について検討した。Positive contorol はチアリゾン系糖尿病薬でPPARγのアゴニストであるpioglitazoneを用いた。結果(―)aromadendrin(45)に顕著なGPDH活性の増強が認められた。
 糖尿病のサプリメント GPDH活性試験
2、アディポネクチン量の測定 

GPDH活性が認められた(―)-aromadendrin(45)について培養上清中に含まれるアディポネクチン量の測定を行った。その結果、45はアディポネクチン分泌量を増加させることが明らかとなった。

糖尿病のサプリメント アディポネクチン量の測定
3、脂肪細胞分化促進に関連するタンパクへの影響 
白桃花80%ErOH抽出エキス(PPext)について、PPARγへの影響を検討したところ、発現を増強させることが明らかとなった(Fig.4-4)。  
糖尿病のサプリメント 脂肪細胞分化に関するタンパク質への影響 
4、一酸化窒素産生抑制試験 
一酸化窒素産生抑制試験では、単離化合物45-50に顕著な活性は認められなかった。(Table41)
糖尿病のサプリメント 一酸化窒素産生抑制試験 
結 果 

白桃花から6種類の化合物の構造を明らかにした。それらの化合物は、2種類のflavanonol類、2種のflavanonl(45,46)、2種のflavanone(47,48)、1種のflavonol配糖体(49)、及び1種の芳香族α-ヒドロキシン酸(50)であった。45.46.47,48,49,50が白桃帆より始めて単離された化合物である。

GPDH活性試験では45に活性増加とアディポネクチンの分泌量を増加させることが明らかとなった。
この結果から45は、アディポネクチンを分泌する小型脂肪細胞の数を増加させていると考えられた。またウエスタンブロット法によりタンパク発現を検討した結果、PPextはPPARγの発現を増強していることから、PPextは分化を促進させるる可能性が示唆された。しかし分化を促進するのみでは脂肪細胞がTGを蓄積しつづけてしまい、肥大化を起こす結果となる。

現在インスリン抵抗改善薬として用いられているpioglitazoneはPPARγのagonistであり、脂肪細胞の分化を促進するっともに、肥大化脂肪細胞に対してアポトーシスを誘導するため、質のいい脂肪細胞を効率よく作り出している。脂肪細胞分化促進とアディポネクチン産生を像居することが認められたことから、Ⅱ型糖尿病患者インスリン抵抗性を改善する有効な薬物である可能性が示唆された。
 
 ページの上に

     糖尿病に効果がある3大成分
     桃の花の作用 
   
桃の花は白桃花と呼ばれ生薬としても利用されています。作用には利尿作用、むくみの解消、便通改善、さらに女性ホルモンの活性化などがあります。近年日本大学薬学部・北中進教授により、この桃の花が研究されました。研究内容はⅡ型糖尿病に対する桃の花の効果の研究でした。その研究の過程で、桃の花の作用として小型脂肪細胞を増やし肥満の原因である大型脂肪細胞を減らし脂肪燃焼効果を高めるという作用が確認されました。

つまり脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞があります。この白色脂肪細胞はいわゆる大型で悪玉細胞です。褐色脂肪細胞は代謝型の脂肪細胞で善玉細胞です。この善玉脂肪細胞を増やすことで、インスリン作用を高め代謝を即します。これによりエネルギーが消費されダイエット効果につながります。

フラノボイド
はヒトへの一般的な薬理作用として鎮痙作用、解毒作用、抗炎症作用、肝細胞障害抑制作用などがあり、最近抗酸化活性が見出されポリフェノールの1つとして生活習慣病の予防物質として注目を浴びている。
                                                (日本薬学会)
クマリンは抗血液凝固作用やむくみを改善する効果などを持ち、血栓防止薬にも利用されています。
*糖尿病と心筋梗塞や脳卒中、心不全などの合併症の関係

     マリアアザミの作用 
   
マリアアザミの成分はシリマリンですが、EUでは胆・肝機能障害の改善薬として用いられていることは有名です。マリヤアザミはキク科の植物で,その種子抽出エキスにはシリマリンなどの成分を多く含んでいます。この成分も日本薬学部にて研究され、メタボリックシンドロームの根底にある肥満の予防・改善に効果のあることが日本薬学会で「マリアアザミ抽出エキスの脂肪細胞に及ぼす影響」と題して発表されました。
シリマリンはマリアアザミの有効成分のことで、古くから肝障害の治療に民間療法として利用されてきたマリアアザミの種子に多く含まれているフラボノイド混合物です。  
 
     ロゼアの作用 
   
ロディオラロゼアはシベリア山岳高地という厳しい環境の中で生えている植物です。 ロシアでは宇宙飛行士にも用いられており、運動能力を増強する作用があると報告されています。また記憶や学習能力を高める働きも報告されています。

中国では高山病の生薬として用いられています。運動前に摂取すると疲労感なく持続的な運動ができることにより脂肪を効率よく燃焼させダイエット効果につながります。


京都薬科大学の基礎研究によって、
ロゼアに含まれるグリコシド(配糖体)が、アトピーに効果があること、また、シミ・ソバカスの原因となるメラニンの生成を抑えることなどが明らかにされています。  
     
   桃の花エキス300mg+マリヤアザミエキス180mg+ロゼアエキス150mg(1日6粒あたりの配合量)
    この3大主要成分の植物エクスを中心に配合することで、脂肪を効率よく燃焼させ、さらに脂肪細胞が大型化して肥満になる原因を防ぎ、運動能力を高め、持続力を強化し、疲れにくい体をつくります。ダイエット効果とⅡ型糖尿病の改善効果が期待される成分の配合となっています。 
    ページの上に
 

 注1、小型脂肪細胞と大型脂肪細胞
小型脂肪細胞は、インスリン抵抗性を改善する“善玉”の生理活性物質「アディポネクチン」などを分泌する。一方、大型脂肪細胞は、インスリン抵抗性を増悪する“悪玉”の生理活性物質「TNFα」「PAI-1」などを分泌する。これらの悪玉生理活性物質は、インスリンが標的細胞の表面にある「インスリン受容体」に結合したとき起こる細胞内のさまざまな反応を阻害し、糖を取り込みにくくする作用があります。 
 注2、インスリン作用
インスリンは、すい臓から出る体内ホルモンの一つで、血液中のブドウ糖(血糖)の濃度を調節する働きがあります。
インスリンは、食事によって血糖値が上がると、すい臓のβ細胞がこの動きをすばやくキャッチして、すぐにインスリンを分泌します。血糖が全身の臓器にとどくと、インスリンの働きによって臓器は血糖をとり込んでエネルギーとして利用したり蓄えたり、さらにタンパク質の合成や細胞の増殖を促したりします。こうして、食後に増加した血糖はインスリンによって速やかに処理され一定量に保たれます。
糖尿病は、すい臓から出るインスリンが減少するか、またはインスリンの働きが悪くなって、血糖値を下げられなくなった状態(高血糖状態)が続く病気です。
 
 注2、アディポネクチン

アディポネクチンは、脂肪細胞から分泌される分泌蛋白である。作用としては、インスリン受容体を介さない糖取り込み促進作用、脂肪酸の燃焼、細胞内の脂肪酸を減少してインスリン受容体の感受性を上げる作用、肝臓のアデニル酸キナーゼを活性化させることによるインスリン感受性の亢進、動脈硬化抑制、抗炎症、心筋肥大抑制など、多彩である。

血中アディポネクチン濃度は内臓脂肪量に逆相関する。そのメカニズムは不明な点が多いが、一部は肥満脂肪組織で増加するTNFαなどによるものと考えられている。最近は、糖質制限食でアディポネクチンが増加するという報告がある。
アディポネクチンは、インスリンの作用を介さずに、運動効果とほとんど類似のグルコースを取り込む作用を示すことになる。                                             ウィキペディアより

ページの上に

[血糖値の高い糖尿病患者ほど心不全のリスクが高い] 循環器病研究センターが発表 

国立循環器病研究センターが、血糖値の高い糖尿病患者ほど心不全になるリスクが高いという研究結果を発表した。もともと心臓病を抱えている患者は、血糖値と心不全の関係が特に強いという。同センターは、患者の血糖値を適切に管理するよう注意を呼び掛けている。

日本の糖尿病患者は、推定で950万人にものぼるとされており、増加傾向はまだ続いている。患者のケアでは、心筋梗塞や脳卒中、心不全などの合併症をいかに防ぐかが重要。これまでは、糖尿病と心不全の関係がはっきりしておらず、望ましい対策がよくわかっていない。

循環器病研究センターは、2000年から2007年にかけて、糖尿病の入院患者608人を調査。心不全になる人の割合は、平均血糖値が高くなるにつれて上がっていたという。また、心筋梗塞など重い心臓病を持っている患者は、そうでない患者よりリスクが高いことがわかった。同センターは、「血糖値のコントロールで心不全を予防できる可能性が明らかになった」としている。
 官庁通信社より
ページの上に 

 糖尿病の基礎知識 
 糖尿病
糖尿病は、血糖値(血液中のグルコース(ブドウ糖)濃度)が病的に高い状態をさす病名である。ひとことに血糖値が高いと言っても、無症状の状態から、著しいのどの渇き・大量の尿を排泄する状態、さらには意識障害、昏睡に至るまで様々であるが、これらをすべてまとめて、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準を超えている場合を糖尿病という。糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、目、腎臓を含む体中の様々な臓器に重大な障害(糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症の微小血管障害)を及ぼす可能性があり、糖尿病治療の主な目的はそれら合併症を防ぐことにある。 


 血糖値

血糖値とは、血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度である。健常なヒトの場合、空腹時血糖値はおおよそ80-100mg/dl程度であり、食後は若干高い値を示す。

ヒトの血糖値は、血糖値を下げるインスリン、血糖値をあげるグルカゴン、アドレナリン、コルチゾール、成長ホルモンといったホルモンにより、非常に狭い範囲の正常値に保たれている。体内におけるグルコースはエネルギー源として重要である反面、高濃度のグルコースは糖化反応を引き起こし微小血管に障害を与え生体に有害であるため、インスリンなどによりその濃度(血糖)が常に一定範囲に保たれている。


 インスリン

インスリンは、膵臓に存在するランゲルハンス島(膵島)のβ細胞から分泌されるペプチドホルモンの一種。21アミノ酸残基のA鎖と、30アミノ酸残基のB鎖が2つのジスルフィド結合を介してつながったもの。C-ペプチドは、インスリン生成の際、プロインスリンから切り放された部分を指す。

生理作用としては、主として血糖を抑制する作用を有する。骨格筋におけるグルコース、アミノ酸、カリウムの取り込み促進とタンパク質合成の促進、肝臓における糖新生の抑制、グリコーゲンの合成促進・分解抑制、脂肪組織における糖の取り込みと利用促進、脂肪の合成促進・分解抑制などの作用により血糖を抑制し、グリコーゲンや脂肪などの各種貯蔵物質の新生を促進する。腎尿細管におけるNa再吸収促進作用もある。炭水化物を摂取すると小腸でグルコースに分解され、大量のグルコースが体内に吸収される。体内でのグルコースは、エネルギー源として重要である反面、高濃度のグルコースはそのアルデヒド基の反応性の高さのため生体内のタンパク質と反応して糖化反応を起こし、生体に有害な作用(糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症の微小血管障害)をもたらすため、インスリンの分泌によりその濃度(血糖)が常に一定範囲に保たれている。

インスリンは血糖値の恒常性維持に重要なホルモンである。血糖値を低下させるため、糖尿病の治療にも用いられている。逆にインスリンの分泌は血糖値の上昇に依存する。


 糖尿病慢性期合併症

糖尿病慢性期合併症とは糖尿病に罹患してから数年を経て発症する合併症である。糖尿病で血糖をコントロールする目的は殆どはこれらの予防である。これらの合併症は多彩であるが、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症の微小血管障害によって生じるものを、糖尿病の「三大合併症」といわれる。これら3つの合併症を後述の血管障害、いわゆる大血管障害と対応させて、小血管障害という。

グルコースはそのアルデヒド基の反応性の高さからタンパク質を修飾する作用(糖化反応、メイラード反応)があり、グルコースによる修飾は主に細胞外のタンパク質に対して生じる。細胞内に入ったグルコースはすぐに解糖系により代謝されてしまう。インスリンによる血糖の制御ができず生体が高濃度のグルコースにさらされるとタンパク質修飾のために糖毒性が生じ、これが長く続くと糖尿病合併症とされる微小血管障害によって生じる糖尿病性神経障害、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症などを発症する。

小血管障害は糖尿病発症の経過と比較することが重要である。神経障害は比較的早期から出現してくるが、網膜症は発症から5年ほどで出現してくる、発症10年で約50%で出現する。網膜症は腎症に先行することが多く、網膜症がなければ、腎機能障害は腎症によるものではなく、高血圧など別疾患によるものである可能性が高い。


糖尿病の診断 
  空腹時血糖 (mg/dl) 2時間後血糖(mg/dl) 
正常型   110未満 140未満 
境界型 126未満  200未満 
糖尿病型 126以上  200以上 

通常は判定を2回繰り返し、2回とも糖尿病型であれば糖尿病と診断。口渇や多飲、多尿などの典型症状や糖尿病性網膜症が存在する場合や、HbA1cが6.5%以上である場合は1回だけの判定で糖尿病と診断する。空腹時血糖110-126mg/dlをIFGと呼び、75g経口ブドウ糖負荷試験の2時間値が140-200mg/dlであるものを耐糖能異常; IGTと呼ぶ。 

経口ブドウ糖負荷試験:糖尿病の診断方法のひとつ。糖尿病が疑われる患者に対し、短時間に一定量のブドウ糖水溶液を飲んでもらい、一定時間経過後の血糖値の値から、糖尿病が存在するかどうかを判断する方法である。現在では、WHOの基準に従い、75gのブドウ糖を負荷し、2時間後の血糖値を測定して診断する。

耐糖能異常:常型と糖尿病型のいずれにも含まれない群。「糖尿病予備軍」とも言える病態である。
 
 参照元:ウィキペディア
 ページの上に
 
   
   糖尿病の最新情報
   
「うどん県」の糖尿病死亡率、大幅に改善 
暴走事故の原因は低血糖?高血糖なのに低血糖の謎 
抗生物質を使うと糖尿病が増える? 
65歳未満男性で盲腸の切除を行うと、2型糖尿病リスクが1.47倍に! 
九大など、ウイルス感染による糖尿病発症に関わる遺伝子を発見-変異で発症リスク2倍 
週に1枚チョコレートを食べると、糖尿病リスクが減少する可能性があることが判明  
葉物野菜に含まれる硝酸塩に肥満・糖尿病の予防、血流改善効果あり:英研究
糖尿病の根本治療薬に道 原因のたんぱく質、働き解明 
コーヒーを飲む量を1日1杯増やすと糖尿病のリスクが11%減少 ハーバード大学の調査 
人工甘味料で糖尿病リスク増加、ネイチャー誌に論文 
糖尿病に勝つ! 筋トレで免疫力UP技  
【糖尿病の急増】世界で危機感共有したい
武田薬品に6千億円の賠償判決 糖尿病治療薬で米裁判所 
2型糖尿病治療 中断で高まる合併症リスク 
糖尿病新薬で脳梗塞12例、使用注意呼びかけ
重症低血糖に注意を 心筋梗塞リスクが2倍に 
アストラゼネカ、糖尿病治療を支援 生活アプリで
メタボの原因"食後の血糖値上昇"には、食事前・中の野菜ジュースが効果的?
夏の水分補給 糖分の取り過ぎ避けて 急性糖尿病の恐れも 
「えのき氷」に糖尿病改善効果 中野市農協と東農大が共同研究
本県ドナー提供の膵臓で根治
◇1型糖尿病
糖尿病 合併症を食い止める!「腎症 早期発見の検査あり」 
糖尿病、薬頼り過ぎ注意 低血糖になりやすく危険
「2型糖尿病ならBMI 30で肥満手術を考慮」英・NICE肥満ガイドライン草案
ご利用ガイド | お問い合わせ | サイトマップ | シジュウム専門店トップ
シジュウム製品 シジュウム書籍 シジュウムって何 シジュウム臨床例 防ダニ布団カバー 免疫療法 ベータグルカン
シジュウム専門店
Copyright (C) 2013 シジュウム専門店 All Rights Reserved.